» 感想、質問はこちらから » RSS » サイトマップ(全記事)

2009年12月23日

コールドスチールのトレーニングナイフ

以前、ロシアの武術システマをちょっとやっていた事がありまして、その時に買ったのがコールドスチールのトレーニングナイフ。



コールドスチールのトレーニングナイフにはゴム製とプラスチック製があって、これはプラスチック製の方です。
コールドスチール公式サイト⇒Cold Steel Knives

ゴム製とプラスチック製の違い

ゴム製ナイフの方は自衛隊で使った事があるんですが、ゴムといっても分厚くて結構硬いものです。ゴムだと、ペラペラでおもちゃっぽいイメージがあったんですが実物を見るとそのイメージが無くなりました。

ゴム製でも、プラスチック製とあまり違いが分からない位の硬さです。違いを挙げるなら、硬さよりも刃の鋭さですね。プラスチック製の方の刃はかなり鋭くて、首などを擦ると切れそうでちょっと怖い。




革の鞘付きで、持ち運びに安全



購入時にはハンドルエンドに金属のリングがついていますが、格闘に使用する時危ないのでペンチで切って外しました。


格闘のトレーニングに使うナイフ

冒頭にも書きましたが、以前やっていたシステマでコールドスチールのトレーニングナイフを使っていました。インストラクターは、同じプラスチック製のシステマ専用ナイフを使っていたと思います。

インストラクターの話によると、カナダでは最初本物のナイフで練習していたそうです。でも、それでは人が集まらないのでトレーニング用のナイフを使う様になったという事。

システマのトレーニングは基本的にゆっくり行います。より現実に即したトレーニングをするためには、本物のナイフや硬いナイフを使う事が必要で、システマ式の練習法にはプラスチック製のナイフが適していると思います。

スパーリングや試合形式のトレーニングをする時には、ゴム製のナイフが安全でいいと思います。

ラバートレーニングナイフ



システマについて
システマとは、古代から伝わるロシア伝統武術のエッセンスを現代にも通用するように体系化された、実践的で奥深い徒手格闘武術です. ロシアでも軍などのごく一部にのみ伝えられてきた技術はソ連崩壊後の1990年代、ミカエル・リャブコ、ウラジミール・ヴァジリエフによって、世界に公開されました.
     システマジャパンHPより引用

YouTubeの動画

ロシア武術システマ「HAND to HAND【接近戦】」日本語版 [DVD]
システマジャパン (2007-07-01)
売り上げランキング: 26630

MASTERS IN JAPAN [DVD]
MASTERS IN JAPAN [DVD]
posted with amazlet at 09.12.22
システマジャパン (2009-04-01)
売り上げランキング: 79492

関連リンク 
Systema Headquarters
システマ Wikipedia



COLD STEEL/コールドスチール #92CAT トレーニングナイフ
2,835 円 世界のナイフショールーム 山秀


□お得な楽天ポイントの活用
楽天市場でのお買物がいつでもポイント2倍!








パラシュートコードで編みこんだスンダロブレス
パラコードで編んだ、兵士のおしゃれ「スンダロブレス」

同じカテゴリー(ナイフ関連)の記事画像
子供包丁について 
佐治武士の鬼包丁
ストライダーの超簡単カスタム
CIA御用達!ウォレン・トーマスのカードナイフ
同じカテゴリー(ナイフ関連)の記事
 子供包丁について  (2010-05-17 22:40)
 佐治武士の鬼包丁 (2010-04-09 22:39)
 ナイフ暦──無くしたナイフ── (2010-04-06 23:35)
 ストライダーの超簡単カスタム (2010-02-09 12:19)
 CIA御用達!ウォレン・トーマスのカードナイフ (2009-12-05 23:30)
この記事へのコメント
はじめまして、華比原と申します。

私も夏からシステマを初めまして練習用にコールドスチールのゴム製ナイフと刃のついてない金属製のトレーニングナイフを手に入れました。
やはり金属だと光沢や肌に触れたときなどメンタル的な物に差が出るそうで、慣れてくると国内のトレーニングでも刃のついた本物で練習する場合があるそうです。
中には慣れで「このくらいならかわせるだろう」とついスピードを上げすぎてあわやと言うことも有るそうですね。
Posted by 華比原 杜松三郎 at 2010年01月02日 18:01
華比原さん、コメントありがとうございます。

ゴム製と金属製のふたつがベストですよね。
私がシステマ用にナイフを買った時は、ストライダーのちょっと高めのアルミ製ナイフしか無かったんで・・・
Posted by 鬼ノ下鬼ノ下 at 2010年01月02日 22:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。